経口禁煙治療補助薬

成功率の高い禁煙治療を行うにはどうすればいいのか。禁煙前の気になる疑問点はこちらで解決!

日本で初めて認められた禁煙補助薬

チャンピックスは、2008年に日本で初めて認められた禁煙補助薬です。
医師が禁煙をサポートする「禁煙外来」でも使われているお薬です。
禁煙外来では、チャンピックスの禁煙治療は、「12週間」が目安です。

チャンピックスの成分の「バレニクリン酒石酸塩」には、次のような作用があります。
まず、脳内のニコチン受容体に刺激を与えて、少量のドーパミン(脳内快感物質)を放出させて、禁煙のストレスを和らげ、ニコチンへの欲求を和らげます。

また、ニコチンの吸収を妨げて、煙草を吸ってもおいしくなくします。
この2つの作用により、禁煙のイライラ、離脱感(ぼんやり感)、集中力の不足などの禁断症状を緩和します。

チャンピックスのコストメリットについて、ご紹介します。
この禁煙補助薬は、1日40本煙草を吸うのと同じ費用で服用できます。
煙草のコストはエンドレスですが、チャンピックスはニコチンへの依存が消えた時点で、服用も終了します。

ニコチンガム、ニコチンパッチなどは、喫煙以外でニコチンを吸収しながら禁断症状をなくしていく方法で、「ニコチン置換法」と呼ばれています。
チャンピックスはこれと違い、ニコチンを一切使わずにニコチンの禁断症状を緩和する禁煙補助薬です。

ニコチンを使いながらの禁煙は、禁煙成功の最大の鍵になるニコチンへの依存体質から抜け出すことが、なかなか至難の業です。
この欠点をカバーしたのが、チャンピックスなのです。

チャンピックスの服用のしかたについて、ご紹介します。
禁煙開始予定日の1週間前から服用を開始します。
服用8日目からは、禁煙してください。
自然に煙草を吸わなくなった場合は、8日目を待たずに早めに禁煙に入ってください。
薬の量を徐々に増やしながら、計12週間服用で終了します。

>