経口禁煙治療補助薬

成功率の高い禁煙治療を行うにはどうすればいいのか。禁煙前の気になる疑問点はこちらで解決!

タールとニコチンの違いとは

タールとニコチンの違いとは何かについてお話していきます。
どちらも有害成分である事は間違いないですけど、体への影響はそれぞれ異なっています。
まずタールですけど、これは発がん性物質になってきます。
つまり癌になる可能性があります。
もちろんすぐに癌になるというわけではなくて、タールを常に摂取しているつまり煙草を毎日吸っていると将来的には癌になるリスクが高まってくるという事です。
タールは煙草を吸っている人なら誰でも知っている発がん性物質であり、煙草の箱にも大きく表記されている事が多いです。
将来的に癌になる可能性が増してきますので、注意しなければならない物質です。
次にニコチンですけど、こちらも有害成分ではありますが発がん性物質ではないです。
つまり直接癌のリスクを上げる物ではないです。
しかし、依存度が高くなる物質です。
体内に取り込んでいるとニコチンが常に欲しくなってしまいます。
煙草にも多く含まれていますけど、このニコチンの影響でなかなか煙草が辞めれなくなるのです。
また、心拍数・血圧も上昇しますし、動脈硬化のリスクも高まります。
また、女性ホルモンの分泌量を減らしますので、しわ、くすみなどができやすくなります。