経口禁煙治療補助薬

成功率の高い禁煙治療を行うにはどうすればいいのか。禁煙前の気になる疑問点はこちらで解決!

バレニクリン酒石酸塩の薬理作用

バレニクリン酒石酸塩とは、日本初の経口禁煙補助薬です。
チャイピックスという商品名で、製薬会社のファイザーが販売しています。

バレニクリン酒石酸塩の薬理作用についてですが、ニコチン受容体への部分作動薬作用として現れます。
この作用には刺激作用と拮抗作用の2つがあります。

刺激作用は、ニコチン受容体を軽く刺激する事によってドーパミンを少し放出させて、禁煙によって起きる離脱症状の緩和や、「タバコを吸いたい」という欲求の軽減を行います。
ただし、この刺激作用は部分的なもので、しかもニコチンよりも弱いという特徴があります。

拮抗作用は、ニコチンがニコチン受容体と結びつくのを阻害するという作用です。
ニコチンの働きによって起きるドーパミンの放出を抑制する事になるので、タバコを吸った時に感じる満足感を減らすという作用があります。

このバレニクリン酒石酸塩を使った禁煙の成功率は全体で6割で、中断をせずに通院をしっかりとした場合には8~9割になります。

ただし、バレニクリン酒石酸塩は副作用が起きる可能性もある事が報告されています。
起きる可能性のある主な副作用は他害行為や、心血管系疾患を持つ患者の副作用のリスクを少し増加させてしまう事等です。