経口禁煙治療補助薬

成功率の高い禁煙治療を行うにはどうすればいいのか。禁煙前の気になる疑問点はこちらで解決!

世界禁煙デーでは禁煙治療の作用について告知

禁煙のマーク喫煙が身体の健康を害することは、世界的に知られています。
世界保健機関であるWHOでは、世界禁煙デーを設けることで禁煙の普及に努めています。
日本でも世界禁煙デーである5月31日からの1週間を、禁煙週間と定めており、たばこの煙の無い社会を目指しています。
たばこの煙はがんや循環器病などの原因となっていて、禁煙をして生活習慣を見直すことで病気の発症率を下げることができます。
また、喫煙者本人以外の周囲の人が副流煙によって健康を害することもわかっていて、世界中で600万人が年間で死亡しています。
受動喫煙による被害も、60万人の死亡者を毎年出していると言われており、世界禁煙デーなどによって禁煙の重要性について告知されています。
日本では医療機関での禁煙治療が始まっており、禁煙外来が設置されている病院で専門的な治療を受けることが可能です。
喫煙はニコチン依存症という病気で、薬物依存の一種と考えられますので、止めることが難しいと言えます。
ニコチンを含んでいるガムやパッチを使用することで、少しずつたばこの本数を減らす禁煙治療もありますが、それらとは異なる方法として、経口タイプの禁煙補助剤を使用する治療も推進されています。
禁煙補助剤としてチャンピックスが日本で認可を受けており、禁煙治療として医療機関で処方してもらうことができます。
チャンピックスはニコチン受容体に作用して、ドーパミンを放出させる効果がありますので、禁煙することで引き起こされるニコチン依存の離脱症状を緩和させることが可能です。
禁煙によって、ニコチンを摂取することに対する切望感が起こることや、うつの症状、眠気などの離脱症状が起きます。
チャンピックスの作用によって離脱症状を軽減できれば、禁煙の成功率を高めることが可能になります。
チャンピックスを使用した治療で、有効な作用を及ぼすためには3か月間の治療が必要です。