経口禁煙治療補助薬

成功率の高い禁煙治療を行うにはどうすればいいのか。禁煙前の気になる疑問点はこちらで解決!

頭痛が原因で失敗したならチャンピックス禁煙治療が良い

たばこを止められない人は、ニコチン依存症であると解釈されており、ニコチンの作用によって禁煙することが困難になります。
近年、治療のために禁煙外来などが設けられており、禁煙補助剤としてチャンピックスの処方が行われています。
ニコチン中毒の症状があらわれているときには、ニコチンが摂取できないことによって、イライラする気持ちや吐き気、頭痛などの症状が起こります。
チャンピックスを服用することで、ニコチンに代わって脳内の受容体と結合することで、快楽物質のドーパミンが放出されます。
禁煙治療で失敗する人の多くは、強い離脱症状を感じたり、切望感や吐き気、頭痛などに苦しめられることが原因となりますが、チャンピックスであれば代わりにドーパミンを放出させる作用があるために、離脱症状を軽減できる効果が得られます。
そのために他の禁煙治療と比較したときに、楽に禁煙が行えると言われています。
禁煙治療としては、ニコチン製剤が使用されることが多いですが、それらの方法では頭痛などが原因で失敗してきた人におすすめの方法となります。
チャンピックスの服用によって離脱症状が抑えられるために、たばこを吸ったときでも満足感が感じにくい体質にすることができます。
たばこを吸っても満足感が得られないようになることで、禁煙の成功率を高めることが可能になると言えます。
チャンピックスを使用した治療は12週間の継続が必要であると考えられており、途中で服用を止めてしまったときには失敗率が高くなります。
12週間の治療に関しては、保険が適用されるために安い価格で治療を受けることができます。
チャンピックスは医師の処方箋が必要な医薬品で、一般的なドラッグストアなどでは購入することができませんので、禁煙外来を受診して治療を行うことがおすすめです。